グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム > 初めて展示会に出展される企業のご担当者様

初めて展示会に出展される企業のご担当者様


展示会出展が初めてでもご安心ください。
新規顧客獲得のためにどのような手順で
展示会までの準備を行えばよいかご案内します!

展示会出展までの流れ

必ずやっておきたい5つのコト
展示会出展に伴う成果(ゴール)を設定する

展示会に出展する最大の理由は「新規顧客獲得」ですが、ただ出展しただけでは、「新規顧客獲得」は難しいのが現状です。
モノ余りのデフレ時代ですので、バイヤーの目利きは鋭く、また、 隣接ブースには、競合他社が出展しておりますので、明確な差別化が必要になります。

展示会出展時にまずやるべきことは「ゴール(成果)を設定する」ことです。

明確な成果を決めることで、「ターゲット」や「展示品の選定」、「装飾内容」、「キャッチコピー」の絞り込みが 可能になります。
またこれにより、訴求効果が高まり、「自社ブースが何を扱っている会社」で、 「誰に向けた商品を取り扱っているのか」など、来場者に分かり易いブース作りができます。

おすすめコンテンツ

装飾予算決定と装飾内容を確定

展示会に出展するとブース内の装飾について申請が必要になります。
1つは、主催者が提供するパッケージブースです。
これは、画一的ではありますが、比較的低コストで、最低限の装飾内容です。

また、もう1つは、他の業者に依頼するという選択です。
これは弊社のような装飾会社が該当します。弊社と主催者提供のパッケージブース装飾の最大の違いは、「出展社様のご要望を満たした、オリジナル装飾が低コストで実現」する点です。

「どちらの選択がよいか」の判断は出展社様によりますが、弊社では、「コスト重視」から、「集客重視」のお客様まで幅広く、装飾施工させて頂いております。

なかには、「パッケージブース装飾程度の予算」しかなく、不要なものを省いてさらに、コストを安くしたいというご要望のお客様ブースの、装飾施工も対応させて頂いております。

提出書類の申請

「装飾会社届け」や「小間内電気使用量の申し込み」など、決められた期日までに 事務局へ提出する書類があります。
また、どの展示会でも、必須項目の提出書類があります。

これらは、展示会の運営に関わる項目のため、提出を怠りますと、事務局から催促されます。

提出書類に不備があれば、事務局より再提出を求められますので、 2度手間にならないためにも、正しく記入する必要があります。
日々の営業活動を行っている出展社様にとって、提出書類は正直面倒な作業になります。

弊社では、この提出書類の一部をサービスで代行申請し、出展社様をサポートさせて頂いております。

展示パネル、カタログ、看板などのデータ制作

展示会では、展示パネルやカタログを活用し、来場者に自社商品を説明します。
また、看板やキャッチコピーの装飾で、自社ブースを宣伝します。

これらはすべて出力(印刷)用のデータが必要になります。
※バージョンCS4以下ai形式によるアウトライン済完全データにて御支給下さい。
(完全データとは出力時に編集加工が不要のデータを意味しております)

弊社では、低コストで出力(印刷)をさせて頂いておりますが、データにつきましては、出展社様にご入稿を頂いております。

この出力(印刷)内容により、集客数が多く変動することがありますので、ここは非常に重要なため、事前準備が必要になります。

来場者への事前告知

展示会で圧倒的な集客を実現させるためには、来場者への事前告知が必須になります。
見込み客へのDM(ダイレクトメール)、既存客には、招待状のご案内など、出来るだけ多くの 方に、出展のご案内をすることで、集客効果が期待できます。

しかし、「来てください」だけでは来場者は行動を起こしません。
そのブースに立ち寄りたいと思わせる、仕掛けが必要になります。
分かり易い、例えでは、「会期中のタイムセール」や「会期限定販売」など、そのブースに立ち寄るメリットを、しっかりと考える必要があります。

おすすめコンテンツ