グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム > お知らせ

お知らせ


「1・2KOMAヶ岳の超集客水」完成しました。

2019.4.14

展示会に出展される企業様に1・2KOMAを知って頂きたく、
オリジナルのノベルティを作りました。来社時にお配りしております。
1・2KOMAヶ岳で採れたおいしい超集客水を是非ご試飲下さい!

余談ですが、
「1・2KOMAヶ岳」はフィクションです。

知ってるよ!と鋭くツッコミされそうですが、どこから、「1・2KOMAヶ岳」を
発想したのかと言いますと、「木曽駒ヶ岳」からです。

展示会業界には、「基礎小間」という言葉が存在します。
基礎小間とは、展示会主催者(事務局)が用意する壁だけで区切られた装飾をしない小間
(ブース)のことです。

1・2KOMAは基礎小間(シンプルなブース)を装飾するサービスです。
基礎小間があるから、1・2KOMAは出展者様に必要とされます。

そんな対照的で、1・2小間に近い存在の「基礎小間」から、
「木曽駒ヶ岳」を連想し、山=天然水から、
「1・2KOMAヶ岳の超集客水」にたどり着きました。

この超集客水は完成して間もないので、これから、
ご来社下さる出展者様にお配りさせて頂きます。
たぶんですが、ヒアリング時に何名かのお客様は「なんですか?超集客水って・・?」聞
いて下さると思います。そこから談笑が始まり、ヒアリングの本題に進んでいくんだと思います。

何が言いたいのか?

「コミュニケーションの誘発を意図的に設計(デザイン)しています」
ということです。

ロゴだけが貼り付けられたペットボトル水は、シンプルで洗練された感があり、
見た目はカッコよく見えますが、これではコミュニケーションの誘発に繋がりません。

大企業ならシンプルで洗練されたカッコイイ感じでも良いと思います。
何故なら、他の媒体でたくさん宣伝しているので、今更ペットボトルで
何をしている会社なのか?をアピールしなくてもよいのです。

しかし、無名の小さな会社では、何をしている会社なのか?
また特長などを意図的に伝えるということをしないと、当然伝わりませんし、
コミュニケーションは誘発されません。

そして、なによりせっかくお金を掛けて作るなら、成果を出したいですよね。

でも、予算がないから、お金を掛けられない・・・
いいえ、アイデアだけなので、お金は必要以上に掛かっていません。
印刷代もロゴだけが貼られたペットボトル水と費用は同じです。

ただのペットボトル水でもアイデアをプラスすれば集客ツールになります。

私たち1・2KOMAはブース装飾のプラン考案の際、
「人の心を動かす仕掛け」を重視しています。

新規顧客獲得のためのブース装飾なら、
1・2KOMAにお任せ下さい。