グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム > お客様の声 > インタビューNo.28


INTERVIEW

インタビュー
1・2小間専門が魅力!図面の細かさにも驚きました
メイン画像
インタビューNo.28 株式会社第一機電 様 (所在地:東京都調布市)
展示会には何度かご出展経験のある株式会社第一機電様。ご依頼のきっかけや、弊社の対応、また展示会出展における成果を伺いました。
【株式会社第一機電 様について】

平成3年8月9日に株式会社第一機電を設立。
主な事業内容は、高周波電源・ホットプレス・誘導加熱装置の製造・販売。
「よりよい環境を次世代に」をテーマに、長年培ってきた加熱装置のエキスパートとして、生活に身近な製品を通じて環境問題に貢献しています。

【展示内容】
合金ワイヤー製造装置/ハイブリッド型マルチ装置/IH式ホットスタンピング/高周波誘導電線加熱装置/委託実験
【展示会名】
第5回高機能 金属展

OFFICIAL WEB

展示会出展のきっかけをお聞かせください

本展示会に出展するのは今回が3回目でした。出展のきっかけは、当社が強みを持っている省エネ加熱技術をいかして、もっと多彩な分野に裾野を広げていきたいという想いから、展示会に出展をするようになりました。
当社はよく単結晶育成装置のメーカとして認知されていますが、加熱を使う分野だったら全く新しいトライにもお役立ちできると、多くの方に知っていただきたいという背景もあります。

インタビュー
なぜ御社はブース装飾をしようとお考えになりましたか

一番最初に出展したときは、社名を出して、LEDパネルを設置して、自社の製品を並べる程度で、本当に基本的な装飾しかしていませんでした。ただ、LEDパネルが社内でも好評だったので、2回目の出展でも取り入れて、モニターも3台導入し、初めて動画を流してみたりしました。そして、今回は出展が3回目だったということもあり、見た目のほうも、しっかりとデザインをしてみようという話になり、装飾業者にお願いすることになりました。
小間位置は、前回は端の方でしたが、今回は大きな小間の近くだったので、結果的にも装飾をしてよかったと思っています。

インタビュー
当社を選んだ理由をお聞かせください

今回は色々と装飾業者を調べていたのですが、その中でも東京展飾さんは、1・2小間を専門にやられているというのが、とても魅力的に感じました。
当社は今のところ大きな小間での出展は考えていなかったので、小さな小間を専門にやられている業者さんであれば、話も合うかと思い、依頼をしようと決めました。
また、東京展飾さんが提案してくれた図面が、他社に比べると、詳細までとても詳しく書いてあったので、イメージもしやすくて良かったです。

インタビュー
プランナーとのやりとりなど、対応はいかがでしたか

今までもそうでしたが、現場で実際にブースを見てみて、急遽変更点が出てきたり、調整が必要だと感じることが見えてきたりするのですが、今回もそういった急な変更にも対応していただいて、とても助かりました。
特に大きな問題もなく、綺麗に仕上げていただいて、現場の方にも感謝しております。
出来栄えは今までで一番良かったと、社内でもとても好評です。

インタビュー
成果をお聞かせください

集客に関しましては、前回は忙しい時間とそうではない時間で波がありましたが、今回は常に人がいる状態で、商談席も入れ替わりで丁度良くまわっていました。
今回は通路側に展示台を出していたので、そこで通りすがりの来場者が足を止めていたりして、それも効果的だったのではないかと思います。
また、今回は商談席の周りに仕切りを立てて、あまり人目につかないようにしたので、全体的に濃い商談をすることが出来ました。
社内ではデザイン面でも好評でしたし、特に一番コメントが多かったのが、ストックスペース内にレンタルでお借りした休憩用のイスでした(笑)。装飾には関係ないかもしれませんが、私たちスタッフとしては、来場者からの目を気にせず、一息つける空間があるというのは、気持ち的にも楽でとてもよかったです。

インタビュー
ブース装飾プランナー:S.S

ブース装飾プランナー
S.S

この度はお忙しい中、インタビューにご協力下さり、 誠にありがとうございました。
ご担当者様のご意見だけでなく、他の社員様からの感想もお伺いすることができて、私自身とても勉強になりました。
会期中、実際に私もブースを見学させていただきましたが、来場者の方が通路側に展示してある製品を見て、足を止めている姿を多く見受けられました。
前の通りが狭い通路だったので、このレイアウトは効果的だったと思っております。
今回のデザインは、第一機電様の大きなコンセプトである、「エコ」という部分をブース装飾で表現しています。
ブース装飾プランナーとして、色々な挑戦ができたブースでもあり、私も感謝の気持ちでいっぱいです。
次回ご出展の際も、お気軽に1・2KOMAにご相談ください!

取材後記画像