グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム > お客様の声 > インタビューNo.47


INTERVIEW

インタビュー
来場者の目線を考慮してくれた位置も的確でした
メイン画像
インタビューNo.47 株式会社フリーマム 様 (所在地:佐賀県神埼市)
今回展示会に初めてご出展のフリーマム様。ご依頼のきっかけや、弊社の対応、また展示会出展における成果を伺いました。
【株式会社フリーマム 様について】

自然や、からだにやさしい重曹の洗濯洗剤、植物抽出エキスが主成分の消臭剤 / 除菌剤などを製造・卸販売しております。また、ビジネスマン向けの消臭スプレーなども取り扱っており、日々の暮らしを快適で安全に送っていただけるような生活者のそばに寄り添う会社を目指しております。


【展示内容】
アルコールや塩素系成分ゼロのスーツ専用消臭スプレー「KIELT」/ギフト用「KIELT」/バスソルト/石鹸
【展示会名】
第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019

OFFICIAL WEB

展示会出展のきっかけをお聞かせください

毎年、1年に1、2回は展示会に出展しておりまして、石鹸や、ミストスプレー、バスソルトなどの取り扱い製品の販路拡大が目的です。前年はNIPPON QUALITYさんの一画で出展しており、その時は広々としたスペースで展示できなかったので、今回は単独で、1小間で出展することに決めました。また、今回は新商品もあり、百貨店やギフトショップ、セレクトショップの方に新商品をアピールできたらと思っておりました。

インタビュー
なぜ御社はブース装飾をしようとお考えになりましたか

展示品を目立たせ、且つ私たちの会社の雰囲気を上手く表現するには事務局さんのレンタル装飾だと、少し印象が違って見えてしまうのではないかと思いました。華美ではなくシンプルで、展示品を上手くアピールできるようにするにはどうすればよいかと考えたときに、株式会社中村さんのブースを思い出したんです。


元々同じ佐賀県で、ご近所である中村さんとは懇意にしていました。展示会に出展している様子も見ており、中村さんの世界観がブースで素敵に表現されていたので、どこの会社さんにお願いしているのか、気になっていました。今回は単独で、1小間で出展することになりましたので、中村さんブースを施工していた東京展飾さんにご相談してみようと思いました。

インタビュー
当社を選んだ理由をお聞かせください

株式会社中村さんから東京展飾さんがどんなブースを施工しているのか聞いておりました。中村さんの世界観がブースに良く現れていて、自分達もこんな風に自社の雰囲気を上手く出してくれるのではないかと思いました。


また、中村社長から金額的な面でも、対応の面でも良くしてくれているとお聞きしていたのでご相談させてもらいました。実際、柔軟に対応していただき、何度も修正案を頂きました。金額も良心的だったので東京展飾さんにお願いしようと思いました。

インタビュー
プランナーとお打ち合わせの際、どのようなお話をされましたか

お電話やメールで何回もやりとりさせていただいて、細かい内容にもその都度応えてくれました。メールで連絡した際、タイムリーに返信を頂けたのも、やりとりしやすかったところだったと思います。


やはり人と人とのやりとりになりますので、気持ちよくお付き合いできる会社さんと長い関係を築きたいです。私たちは単独で出展するのは初めてなので、分からないこと、知らないことが多く、Yさんにたくさん聞いてしまったんですが、その度、丁寧に教えて頂き、一緒に考えてくれたりと親身になって頂きました。


パラペットの見せ方や、ロゴやアイキャッチの位置、展示台の高さを何度もご相談させて頂き、柔軟なやりとりをして頂きました。おかげで心配事や不安要素が少なかったと思います。

インタビュー
仕上がったブースを見ての率直な感想をお聞かせください

全体的な統一感や世界観は上手く表現できているのではと思います。ただ、勉強させて頂いたという感想もありました。知り合いのデザイナーさんから照明の色は暖色光と白色光を一緒にしない方が良いと言われました。加えて、光量が多いタイプの照明を見て、これだったら3灯でも十分に壁を照らせるのではないかとも、実際にブースを見て、感じました。


「照明のより良い提案もして頂けたらよかったなぁ」と率直に思いました。実際に立ち上がったブースを見ないとなんとも言えないところはありますが。ただ、やはりプロの方々なので色んなブースを見てる筈ですから、照明についても、もっと良い方法を教えてほしかったです。


壁、展示品への照射、ブース全体の印象など、ライティングは非常に重要なのだと今回で学びました。また修正や追加が多く、ライティングの方まで気が回らなかったので次回以降は照明についても相談させてほしいと思います。

インタビュー
今回の装飾で特に気に入ってる箇所はどこでしょうか

やはり、全体的な世界観でしょうか。弊社の製品とマッチするようなデザインにしたかったので、色合いや壁やパラペットへの出力のバランスや位置など、納期ギリギリまで修正対応して頂いた甲斐があります。寸法も細かく出してくれたので分かりやすく、こちらも指示しやすかったところがありました。


また、来場者の目線を考慮してくれた位置も的確でした。デザインもそうですが、コスト感や対応等含めて、満足のいくブースになったのではないかと思います。金額も高すぎず、安っぽい見た目にならず、相応のブースに出来たのではと思っています。

インタビュー
会期前日の当社の現場対応はいかがでしたか

とても良くして頂きました。
私たちが製品を並べている間、施工担当の方を待たせてしまったのですが、照明の位置や灯数の変更も快く受けてくれ、好印象でした。プランナーのYさんとのやりとりでも感じましたが、東京展飾さんは現場の方も含めて親切に対応してくれるという印象が強いです。人と人と繋がりを大切にされているのではと思いました。

インタビュー
展示会出展の目標(KPI)とそれに対する成果をお聞かせください

毎年展示会には1、2回ほど出展しています。販路拡大を旨に、新規のお客様には弊社製品を知ってもらい、またお店においてもらうためのアピールをしたいと考えております。


既存のお客様には改めて弊社製品を案内し、今後の関係も見据えたお話しができればと思っていました。今回の展示会では最近できた新商品、スーツ用の消臭スプレー「KIELT」を、広く知ってもらいたく、またギフト用の展開も一緒にアピールしたかったというのが目標になります。


ネクタイに使用するものなので、ターゲットとしてはビジネスマン向けショップのバイヤーの方だったのですが、予想に反して女性向けのバイヤーの方たちともお話ができました。ギフト用もメイン商材ではあったので、女性から男性に贈るものとしても受けがよいという面も見出せました。


またハンカチやタオルのメーカーさんともお話しができ、商品としての面白さを高く評価して頂けたのではないかと思います。会期が始まってから3日目のお昼の時点で、200弱の名刺を獲得できたので、明日も含めてだと200枚は獲得できると思います。新規のオーダーの話もちらほらと頂けたので、会期終了後は忙しくなりそうです。

インタビュー
当社サービスの「1・2KOMA」の魅力とは何でしょうか

コミュニケーションがスムーズにでき、かつ、迅速に対応してくれるところでしょうか。こちらの要望を可能な限り、実現してくれようとしているのが電話を通して分かりました。やりたいこと、修正して欲しいところを汲み取ってくれて、察してくれるので非常にやり取りしやすかったです。


ホームページも実績として写真が多く載っていて、参考になりました。その中にデザイン性が高いものもあり、またコストを抑えた提案もしてくれたのでこちらとしても色々要望を伝えやすく、ポンポンと要望を言ってしまったんですが、その要望に近い形で応えてくれました。なので今度は照明の見せ方についても提案して欲しいと思います。

インタビュー
ブース装飾プランナー

ブース装飾プランナー
A.Y

今回のギフトショーは例年と異なり、来年開催される東京オリンピック会場の準備に伴う工事の関係上、ビッグサイト西・南ホール、青海展示棟と分かれて開催のため、来場者の入りが読みづらいところがありました。

しかし見込み客や名刺の交換など、成果は十分にあったというお話しをお聞きし安堵しました。また、事務局へデザイン性の高い出展社が多く出展する青海展示棟に出展したいと相談されていたそうで、結果的に青海展示棟で良かったと思います。

インタビュー中にフリーマム様から「予想外」のお話しをお聞きしました。メインの商材がネクタイにかけるミストのため、ターゲットはビジネスマン向けショップの男性バイヤーさんでした。実際にターゲットの方とお話できたそうですが、予想外に女性のバイヤーさんや女性向けのショップの方からも、お声かけ頂き、新たな発見になったそうです。

ブース装飾のプラン考案の際、誰(ターゲット)に向けて訴求するのかはとても重要になります。今回は、お客様の商品の魅力が従来のターゲット以外の、潜在的(インサイト)なターゲットにもアピールできたのではないかと思いました。

最後に、「照明の見せ方でもっと提案して欲しかった」とお声を頂きました。お客様が想定している完成ブースと、実際に完成したブースを見た際のズレを無くすことが、お客様に満足して頂けるブース装飾に繋がることを再認識しました。
次回ご出展の際は、今回のお話を踏まえたご提案をさせて頂きたいと思います。お忙しい中、インタビューにお時間を頂き、ありがとうございました。

取材後記画像