グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム > お客様の声 > インタビューNo.35


INTERVIEW

インタビュー
まず第一に価格が一番安かったです。それに、ヒアリングから提案、その後のやりとりがとてもスピーディーでした
メイン画像
インタビューNo.35株式会社ナゴミヤ様 (所在地:東京都)
今回初めて展示会にご出展の株式会社ナゴミヤ様。ご依頼のきっかけや、当社の対応、また展示会出展における成果を伺いました。
【株式会社ナゴミヤ 様について】

業務用和菓子の卸仕入れを専門に行っており、『製造・販売のダイレクトなネットワークづくり』というコンセプトのもと、製造会社様と提携をし、和菓子店様の商材探しやPB商品の開発、OEM製造委託先探しなどのサポートを行っておられます。
和菓子の製造・販売のダイレクトなネットワークづくりのため、サービスの運営・開発に取り組まれています。

【展示内容】
業務用和菓子、和菓子店様の商材探しやPB商品の開発のご案内
OEM製造委託先探しなどのサポート
【展示会名】
ファベックス2019

OFFICIAL WEB

展示会出展のきっかけをお聞かせください

協力会社のおはぎメーカー吉川食品株式会社様の出展が決まり、弊社も共同出展することになりました。今回が展示会初出展のため詳しいことが何も分からない状態からのスタートでした。申し込んだ時点で基礎ブースがついてくると思っていたので、壁も床も無い状態だと気づいたときは正直焦りました。出展が決まってからいくつか食品関係の展示会を見学するなど、展示会について調べ始めました。

インタビュー
なぜ御社はブース装飾をしようとお考えになりましたか

出展が決まった段階で弊社の社長から指示を受け、御社の社長が書かれた「1・2小間の小さなブースで超集客」を含め何冊か展示会出展のノウハウ本を読み始めました。装飾の大切さを学んだので、逆に装飾をしないという発想がありませんでした。「1・2小間の小さなブースで超集客」に載っていたひな壇形のブースが気に入ったので、こういう形のブース装飾をしてみたいと思いました。

インタビュー
当社を選んだ理由をお聞かせください

実は数社比較させていただいたのですが、まず第一に価格が一番安かったです。それに、ヒアリングから提案、その後のやりとりがとてもスピーディーでした。こちらの要望にそって細かな修正も加えていただけたので、安心してお任せすることができました。先ほどお話したように「1・2小間の小さなブースで超集客」を事前に読んでいたので、この本を出した社長の会社だと思うと信頼感もありました。「1・2小間専門」というのも心強かったです。

インタビュー
プランナーとのやりとりなど、対応はいかがでしたか

問い合わせをしてすぐに打ち合わせに来てくれましたね。そのときに私が電話で伝えていたイメージを図面に起こして持ってきてくださったので、それを元に細かいデザインも話し合えたのが良かったです。正直最初は電話の打ち合わせで十分なんじゃないかなと思っていたんですけど、やはり実際にお会いしたほうがイメージも共有できるし、どのような方とやりとりするのかが分かって安心できました。デザインが決まってからも細かな色味の確認のためにサンプルを送っていただいたり、丁寧に対応していただきました。

インタビュー
仕上がったブースを見ての率直な感想をお聞かせください

こんなに図面の通りにできあがるもんなんだなって、ちょっとびっくりしました。イメージ通りに仕上がって嬉しかったです。今回は2社共同出展だったので、ブースを真ん中から赤と紺に分けたのですが、それがブースの個性になったと思います。ひな壇型のブースも和風っぽくて、展示内容に合っていたと思います。

インタビュー
今回の装飾で特に気に入ってる箇所はどこでしょうか

展示台を手前に出したところです。展示物を前に出したほうが集客できるだろうなと思っていたのでひな壇型の展示台メインのブースにしたのですが、展示台の後ろを壁にして目隠ししたことでストックスペースみたいに使えたので大変使い勝手がよかったです。展示台の裏側への通路を狭くしたのも、勝手にお客様が裏側に入ってしまったりすることを防げたので良かったです。色合いも赤と紺にしたことで、左右で違う会社だって、来場者に分かりやすかったと思います。

インタビュー
会期前日の当社の現場対応はいかがでしたか

当日はポスターを持ち込みしたんですけど、現場の方から「ベルクロ使いますか?」と提案していただきました。こちらからお願いしたことに対応するだけではなく、現場スタッフの方から提案していただけたのが嬉しかったです。実は、念のために両面テープも持っていったんですけど、ベルクロだと位置の微調整ができて便利でした。他にも脚立を貸していただいたり、大変親切に対応していただきました。

インタビュー
展示会出展の目標(KPI)とそれに対する成果をお聞かせください

今回は新規取引先獲得を目標にあげていました。目標を高めに設定していたので正直達成はできなかったんですけど、何件かは話が前に進んでいます。今日も1件商談に行ってきました。今回は試食をメインに行ったため、試食だけ食べていくお客様が多かった印象です。次回はそこからどう商談に繋げていくかが課題ですね。

インタビュー
当社サービスの「1・2KOMA」の魅力とは何でしょうか

最初問い合わせたときに仮のイメージを作っていただいたのって、大きな小間だったら無理だと思うんです。スペースが小さいからこそ少しレイアウトを変えただけでガラッと印象が変わるし、メインの物がはっきりする。今回だったらひな壇型の展示台ですよね。2.5m×3mという小さめの1小間でしたが、それでも展示スペースを広くとりつつ、ストックスペースも作れました。アイデア次第で限られたスペースを有効活用して思い通りのブースを作れるのも魅力的です。大きいブースだと何人もスタッフが立たないといけないけれど、少ない人数でも対応できるというのも1・2小間の魅力だと思いますよ。次回出展するときも1・2小間で出展すると思いますよ。

インタビュー
ブース装飾プランナー

ブース装飾プランナー
E.S

株式会社ナゴミヤ様は今回の展示会が初出展のため、展示会出展の情報収集のために本を数冊購入されたと伺い、展示会出展での成果に対する意識がとても高く、また集客においてブース装飾の重要性を認識されておりましたので、とても共感致しました。

また数冊の中には、弊社社長の今津が執筆した「1・2小間の小さなブースで超集客」もご購入下さり、改めてまして、感謝申し上げます。

ブース装飾のご要望ですが、お電話でお問合せを頂いた段階で、弊社社長の本で事例紹介しております「ひな壇型のブース装飾」がよいとお伺い致しました。そのため、お打ち合わせ時に内容を詰められるよう、事前に簡単なブースイメージを作成してからお打ち合わせに伺いました。

担当の木下様はとても親しみやすい方で、お打ち合わせ時に積極的にいろいろなお話をしてくださり、またご要望が明確のため、プラン考案の際は、ご要望を整理しやすく、スムーズにブースイメージが出来上がりました。

ご出展に伴う成果につきまして、「目標達成はできませんでしたが、何件かは話が前に進んでいます」とお聞きし、「試食だけ食べていくお客様をどう商談に結び付けるのか?」という課題を発見され、次回に活かすという前向きに取り組む姿勢に改めて、「成果に対する意識の高さ」を感じ、ブース装飾をサポートさせて頂きながら、学びのあるお仕事をさせて頂きました。

余談ですが、展示会出展に合わせて制作されたというリーフレットを兼ねた「捨てられない名刺」のお話を、弊社の全体会議でプランナーに情報共有させて頂きました。すると、社長の今津が、「人間心理を活用したマーケティング思考の仕掛け」が凄いと関心しておりました。

そして、「集客ツールの一環」として1・2KOMAサイトのコラムで取り上げたいと、興奮気味に感想を話しておりました。

インタビューにご快諾くださり、貴重なお話を伺うことができました。お忙しい中ご協力くださり、大変感謝しております。この度は弊社をご利用くださり、誠にありがとうございました。

 

取材後記画像