グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



ホーム > お客様の声 > インタビューNo.56


INTERVIEW

インタビュー
この展示会は無くてはならない催事なんです
メイン画像
インタビューNo.56 株式会社昭和商会 様 (所在地:名古屋市)
毎年、同展示会へ力を入れられている昭和商会様。ご依頼の経緯や、弊社の対応、また新型コロナの影響下における展示会出展の所感を伺いました。
【 株式会社昭和商会 様について】

昭和36年に、保護具・安全用品・安全標識などを取り扱う「安全サポート商社」として設立。
工事用ヘルメットを初めとして、防暑・熱中症対策グッズ、各種表示板、防災・非難用品、保安・安全用品など、
様々な角度からお客様へ安心を届けることを主眼に、社会に役立つ商品の開発・提案・製造に取り組んでいらっしゃる企業様です。

【展示内容】
防暑・熱中症対策用品
【展示会名】
第6回猛暑対策展

OFFICIAL WEB

コロナ禍のなか展示会出展のきっかけをお聞かせください

弊社はこの時期、夏向けの商材をメインで扱っているので、この展示会は無くてはならない催事なんですよね。
なので、開催されるのであれば是非出たいという思いから出展を決めました。

インタビュー
展示会出展でどのような課題を解決されたいとお考えでしたか

今回は新製品もありましたので、こちらの商品の認知度を上げることが一番の課題というか、目的でした。話題性のある商品でもあったようで、展示会中にテレビ局の方が5社取材に来られてました。うち2社からは事前にアポイントもありましたが、あとは会場で偶然目に付いて取材して頂けたみたいで、手ごたえは感じています。

インタビュー
出展を決められた際、新型コロナの影響で、来場者が少ないという不安はありましたか

展示会自体が開催されるのかかなり振り回されました。状況が一日一日と変わっていくので、不安が無かったということはありませんでしたが、やはり一年に一度の重要な商談機会ですので、出ようということになりましたね。

インタビュー
ブースのレイアウトや会期中の運営に新型コロナ感染防止対策を意識した点はありますか

アルコールのスプレーや、ウエットティッシュなどは用意して、こまめに手と展示品を除菌しています。フェイスシールドも付けたいところはあったのですが、声がどうしてもこもってしまってお客様と話しづらかったので、現状はマスクでの対応にしています。

インタビュー
コロナ禍以前の展示会と比較して、来場者数や来場者の行動に変化はありましたか

やはり入りは少ないですよね。体感だと6割くらいかな、という感じです。昼前後2時間くらいは混み合うんですけど、それ以外の時間はぱらぱら、という感じ。あとはやっぱり展示品に触っていかれる方は少なくなりましたね。
毎年タブレットの試供品を配っているのですが、手渡しだと断られることも多かったです。途中から試供品を配るときはゴム手袋をするようにしたり、様子を見ながら工夫しています。置いてあるパンフレットなどはみなさん持っていかれますけどね。

インタビュー
来場者に積極的な声掛けが出来ない状況の中、会期中はどのように営業活動されましたか

うちは今のところそんなに声を掛けづらいという感じは無いです。もちろん通路のお客様に無闇に近づいていったりはしないですが、ブース内に入ってこられて商品を見ていらっしゃるお客様にはお声掛けして、今までどおりに接客しています。

インタビュー
展示会出展の目標(KPI)とそれに対する成果や、課題の解決はされましたか

今年は展示会直前まで暑くなかったので、すぐに商談に繋げるというよりは残暑も含めた来季への取り組みと捉えています。まあ、扱っているのが熱中症対策の商品なので、天気の影響もあるとは思います。今年はあまりまだ暑くないので、みなさん危機感が無いというか。展示会の時期的なこともあるので難しいですね。

インタビュー
パッケージブースではなくオリジナルのブース装飾に決めた理由をお聞かせください

展示会場はたくさんの企業さんが出展されていますので、やはりせっかく出るからには埋もれたくない、ということでオリジナルの装飾をお願いしています。パッケージだとやはり通り一遍になっちゃうじゃないですか。会社の色もあるので、そういうのよりは、ブースでも差別化したいなと。

インタビュー
当社を選んだ理由をお聞かせください

価格がお安いというのはまず当然なんですけど、かなり長いことお付き合いさせていただいているので、もうほぼ丸投げでお願いできるのが助かるからですね。こちらの勝手も分かって頂いているので、安心感があります。

インタビュー
電話・メールでのやりとりのみでしたが、不安はありませんでしたか

不安はぜんぜん無かったです。ちょうど展示会の準備期間と忙しい時期が被ってしまっていて、バタバタして逆にご迷惑をかけたかもと思います。展示会の担当をするのは今回が初めてだったので、段取りなども全然分かっていなかったんですけど、全部お任せでやって頂けたので助かりました。

インタビュー
プランナーとのやりとりなど、対応はいかがでしたか

すごく元気が良くて、色々気がついてくれそうだなという感じですごく安心できました。自分が本業で忙しかったこともあって、だいぶ甘えてしまった部分もありましたが、気持ちよく対応して頂けたので任せられましたね。

インタビュー
仕上がったブースを見ての率直な感想をお聞かせください

図面どおりで問題なく仕上げて頂きました。ちょうど会場入口すぐの場所にブースがあるのですが、動線からも目立つ位置でいいブースになったと思います。

インタビュー
今回の装飾で特に気に入ってる箇所はどこでしょうか

ブース角のRの展示台は気に入っています。お客様の引きもすごく良いので使いやすくて。
気軽に立ち寄っていただけています。

インタビュー
会期前日の当社の現場対応はいかがでしたか

色々と、お願いしたらすぐ動いてくれたので助かりました。
パネルの高さなども問題なく設置して頂けてスムーズに設営ができました。

インタビュー
当社サービスの「1・2KOMA」の魅力とは何でしょうか

親近感、じゃないでしょうか。出展者に寄り添ってくれる雰囲気があって安心できるというか。設営スタッフの方もとても親身になってくださったので、有難かったです。来年も大阪での開催予定なので、是非バージョンアップしたブースを期待しています(笑)

インタビュー
ブース装飾プランナー

ブース装飾プランナー
Y.K

昭和商会様には長期間弊社をご利用いただいているのですが、私が担当させて頂くのは今回が初めてでした。不備の無いよう対応を心がけていたのですが、当日お話を伺った際に、「安心感があった」と言って頂けて大変嬉しかったです。
また、新型コロナの影響下におけるご出展でしたが、私がお伺いしたときにはお客様で賑わっておられたので、少し安心致しました。

とはいえ、集客状況なども厳しい状態が続くと思いますので、少しでもお客様のお役に立てるように情報を収集しながら、ご提案に活かしていければと思います。この度は、弊社をご利用下さり、また、お忙しい中インタビューにご協力下さり、誠にありがとうございました。

取材後記画像